事件

中2男子が刃物で刺され死亡した事件の加害者について!名前や学校など

埼玉県の所沢市で中学2年生の少年が同級生に刃物で刺され死亡する事件が起き話題となっています。

当初は意識不明の重体という報道でしたが、その後死亡が確認されています。


殺害されたのは埼玉県所沢市に住む、本郷功太郎くん(14歳)で、殺害した同級生とは期末テストに向けた勉強をしていたとのこと・・

テスト勉強を共に行う間柄にも関わらず、なぜこのような悲惨な事件が起きてしまったのでしょうか?

この記事では、同級生を刃物で刺し殺した加害者の名前や学校、殺害動機などについてまとめていきます。

加害者の通っていた学校について

まだ正式には中学校の名前などが公表されていませんが、ネット上では「所沢市立南陵中学校」という名前が噂されています。

加害者の名前について

加害者の少年は殺害された本郷くんと同じ中学校に通い、同じ卓球部に所属していたことが分かっていますが、その氏名に関しては公表がされていません。

また、殺害現場となった民家の住所は「埼玉県所沢市久米1515-7」であることが報道の映像から分かっています。

2人が通っていたとされる南陵中までは徒歩で4分程度の場所での事件となっています。

犯行の動機について

報道によれば、殺害された本郷くん、加害者の同級生、そしてもう1人の同級生の3人が期末テストの勉強のために集まる予定だったといいます。

もう1人の同級生が到着する前の悲劇だったのですが、一体少年たちの間に何があったのでしょう?

ネット上では「いじめ」についてなどが取り沙汰されていますが、もしも本郷くんが「いじめ」の加害者だったとして、一緒に期末テストの勉強などするでしょうか?

現時点での供述によれば、「教科書について喧嘩になった」ことが殺害動機となっているようですが、そんなことで人を刃物で刺すものなのでしょうか?

明確な動機については今後の捜査によって明らかになると思われます。

明らかな動機がわかり次第、こちらを更新させていただきます。

まとめ

いかがでしたか?

殺害された本郷くんの母親のコメントを読んでいると、最愛の息子を失った悔しい気持ちや犯人を許せない気持ちは当然だと思います。

「なぜ息子がこのようなことに遭わなければならなかったのか、ただただ悔しく犯人を許せない気持ちでいっぱい」(本郷くんの母親のコメント)

一刻も早く事件の全容が解明され、加害者の少年に厳しい処分が下されることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。