事件

大阪府吹田市の拳銃強奪犯の行方は?拳銃を奪った男の行方について

16日の早朝に大阪府吹田市の交番で、警察官が胸を包丁で刺されたうえ、実弾5発の入った拳銃を奪われるという事件が発生しニュースとなっています。

犯行現場となったのは大阪府吹田市の千里山交番。

拳銃を奪った男は現在も逃走中です。

拳銃を奪った男の情報は次のように報道されています。

  • 30代ぐらい
  • 黒っぽい(深緑)長袖ジャンパー
  • 身長170cm〜180cm

この記事では拳銃を奪った男の行方についてをまとめていきます。

犯行現場となった千里山交番について

今回の事件の犯行現場となった千里山交番は大阪の中では閑静な場所にあることは間違いありません。

とはいえ、全く人気の無い土地かと言われるとそうでもなく、犯人とすれば早朝とはいえ目撃のリスクを感じる場所でもあります。

全国に6,362ヶ所ある交番のうち、「空き交番」と呼ばれる警察官が不在の交番は268箇所とされており、拳銃を強奪することを目的にするのであれば、もっと別の閑静な地域でも良かったはずです。

恐らく包丁自体はこの犯行を目的に持っていたものだと思われるので、少なくとも計画性のようなものはあるにせよ、この場所に土地勘のある人間の犯行と言えるのではないかと思います。

拳銃を奪った男の逃走経路について

現在も大阪市内では警察による事件発生と外出を控え施錠を確認する旨のアナウンスが流されています。

事件発生から約6時間が経過した今でも、犯人の居場所については警察も把握ができていないようです。

犯行が起きた吹田市からは6時間もあれば府外への逃走も可能であり、大阪府内だけではなく近隣の地域においても警戒は必要ではないかと思われます。

吉村洋文・大阪府知事がTwitterでの注意喚起をしてくれていますが、大阪府民に限らず注意をするに越したことはないはずです。

ただし、現在は防犯カメラなどによる犯人の特定や追跡への操作技術も向上していることから、犯人逮捕に向けた動きは早く進んで行くのではないかと期待します。

現在の状況について

現在、大阪・吹田市では市内全ての小中学校の部活動やクラブ活動を中止しています。

そして、明日6月17日(月)の吹田市内小中学校の授業に関しては、犯人が検挙されない場合は休校となります。

それ以降の対応に関しては吹田市の全ての小中学校が同じ対応を取っていくことになります。

細かな案内は各学校よりメールで配信されるということでしたので、吹田市内の小中学校にお子様を通わせている親御さんにおかれましては、学校からの案内メールを確認してください。

まとめ

いかがでしたか?

まだ拳銃を奪った男は逃走中ですので、無駄な外出は控え、しっかりと自宅の施錠を確認するようにしてください。

そして不審な人物を見かけたら、直ちに110番通報をしましょう。

少しでも早い犯人逮捕が望まれます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。