野球

2019年巨人のGW先発投手を予測する!菅野や高橋の登板日は?Part2

以前に「2019年巨人のGW先発投手を予測する!菅野や高橋の登板日は?」というタイトルで記事を書かせて頂いたのですが、やはり先発ローテーションとは水ものでもあることを思い知らされています。(はっきり言って予測は外しまくりでした・・)

ということでこの記事では、「2019年巨人のGW先発投手を予測する!菅野や高橋の登板日は?Part2」と題し、史上最長となる10連休中の巨人先発ローテーションを予測していきます。

2019年巨人のGW先発投手を予測!

2019年のGWは史上最長となる10連休、巨人は4月27日(土)から5月6日(月)まで10連戦の予定が組まれています。

その先発ローテーションを予測は次の通りとなります。

4月27日(土) vs DeNA(東京ドーム)

連休のスタートとなる一戦は、本拠地・東京ドームにDeNAベイスターズを迎えてのものとなります。

この日の登板は前回の阪神戦から中5日での登板となる、メルセデス投手になるのではないかと予測します。

メルセデス投手の今シーズンここまでの成績は、2勝1敗、防御率2.45と非常に安定しています。

10連戦の良いスタートを切るためにも、助っ人左腕の奮投に期待したいところです。

4月28日(日) vs DeNA(東京ドーム)

正直言うと、DeNAとの2戦目の先発投手予測はとても難しいものとなっています。

前カードのヤクルトとの首位攻防戦で山口投手と菅野投手(登板予定)の2人が投げてしまっているため、登板間隔を考えるとこの日の試合に先発する投手が見当たりません。

そうなると、イースタンリーグで先発を任されている投手の中から、この日の先発投手が抜擢されそうです。

有力候補の一人でもある田口投手はイースタンリーグの試合で、23日に登板し7イニングを投げてしまっていますので、登板間隔から考えるとこの日の登板はないでしょう。

その他に畠投手と高田投手などが考えられますが、直近のイースタンでのピッチングがあまりピリッとしたものではありません。

そこで、消去法的になってしまいますが、今村投手をこの日の先発投手に予測します。

前回登板ではDeNA打線に打ち込まれた今村投手ですが、イースタンリーグでは防御率1.38という好成績を残しています。

ルーキー左腕・高橋投手の活躍に最も刺激を受けている投手のうちの一人であると思いますので、今村投手の奮起に期待をしたいと思います。

4月29日(月) vs DeNA(東京ドーム)

そして3連戦の最終日は、前回登板を101球で抑えていた山口投手が中5日での登板になると予測します。

完封も狙えた前回登板を101球で降板したのは、この日の登板が想定されたものだと思います。

今期4戦4勝と絶好調のタフネス右腕の熱投に期待します。

4月30日(火) vs 中日(東京ドーム)

平成最後となるゲームは本拠地・東京ドームに中日ドラゴンズを迎えての1戦となります。

平成最後の締めくくりとなるマウンドを託されるのは、初めての中5日での登板となる高橋投手になると予想します。

平成最後のマウンドを、令和のエース候補である高橋投手が締めくくる・・・

そんなストーリーを原監督は描いているのではないでしょうか?

5月1日(水) vs 中日(東京ドーム)

令和の始まりとなるマウンドは、中5日で巨人の絶対エース・菅野投手になるはずです。

前回のヤクルト戦で自身初となる3者連続被弾と打ち込まれてしまいましたが、そのうっ憤を晴らす快投をみせてくれるはずです。

5月2日(木) vs 中日(東京ドーム)

クック投手が右肘の故障により登録抹消をされてしまったことにより、外国人枠を気にすることなくヤングマン投手の再登録が可能になります。

ヤングマン投手の今シーズンここまでの成績は、2勝0敗、防御率2.50と非常に安定したものとなっています。

GWでは最後となる本拠地・東京ドームの試合でも、安定したピッチングを期待したいと思います。

5月3日(金) vs 広島(マツダスタジアム)

昨年の覇者・広島の本拠地であるマツダスタジアムに乗り込んでの1戦、この日の先発は中5日でメルセデス投手が務めることになると予想します。

開幕カードでは2勝1敗と勝ち越した敵地、メルセデス投手の好投によって再度の勝ち越しを期待したいところです。

5月4日(土) vs 広島(マツダスタジアム)

この日の先発は、その前の登板で今村投手がどのようなピッチングを繰り広げるかにかかってくると思います。

今村投手がナイスピッチングをしたのであれば、そのまま中5日で今村投手が先発をすることになるでしょう。

ただし、そうでなかった場合には、2軍で出番を伺う投手に白羽の矢が立つのではないかと思います。

その場合の最有力候補となるのは、田口投手になるのではないかと思います。

5月5日(日) vs 広島(マツダスタジアム)

ここから2日間はよほどのトラブルがない限り、山口投手が中5日での先発になることが予想できます。

菅野投手と共にGW中はフル回転をしてくれるはずです。

5月6日(月) vs DeNA(横浜スタジアム)

史上最長となる10連休のGW、その最終戦を締めくくるのは、やはりこの男になるでしょう。

巨人の絶対エース・菅野投手です。

マツダスタジアムからの4試合は雨天中止という可能性もありますが、どのような日程になったとしても、この日の先発は菅野投手で間違いないはずです。

まとめ

いかがでしたか?

まとめていくと次のようになります。

  • 4月27日(土) メルセデス投手
  • 4月28日(日) 今村投手
  • 4月29日(月) 山口投手
  • 4月30日(火) 高橋投手
  • 5月1日(水) 菅野投手
  • 5月2日(木) ヤングマン投手
  • 5月3日(金) メルセデス投手
  • 5月4日(土) 今村投手(田口投手)
  • 5月5日(日) 山口投手
  • 5月6日(月) 菅野投手

登板間隔が短く、先発投手陣にとっては踏ん張りどころだと思います。

各投手の奮投に期待したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。