エンタメ

【ワンピース考察】最新話939話!武装色の覇気の次なるステージは放出系!?

チャンネル登録数が8万人を超える、人気のYouTubeチャンネル「ユイの研究室#」より、最新のワンピース考察がアップされています。

この記事では、動画をゆっくり視聴する時間や環境のない方のために、人気のYouTubeチャンネル「ユイの研究室#」の内容をテキストでお伝えさせていただきます。

最新話939話!武装色の覇気の次なるステージは放出系!?

前回のあらすじ

先週が休載でしたので、前回のあらすじをさっとまとめていきたいと思います。

前回はゾロと日和のやりとり、そして逆さ三日月のバレた経緯と、どう対処していくかというのがメインの回でした。

月の印がどういった経緯で相手にバレたのか、日和がどうやって生き延びてきたのか、などの気になるポイントを多数残していましたね!

タイトル

まずはタイトルから行きますが、最新話のタイトルは「老いたる豹は路を忘れず」となっていました。

これは中国の韓非子という書にある「老いたる馬は道を忘れず」という言葉のオマージュですね。

経験を積んだ者は自分の取るべき道を間違えない、という意味ですので、ヒョウ五郎の経験値の高さと判断の正しさを象徴したようなタイトルになっていると考えられます。

そういえばワンピースに登場する老人キャラはしっかりした人が多いですよね!

そして韓非子の句では続きがありまして、「老いたる馬は路を忘れず、老いて再び児になる」となっています。

老いた人は再び子供のようになる、という意味です。

ヒョウ五郎は老いによって戦うことがなかなか出来ない状態になっているとは思いますが、このタイミングで再起することを暗に示しているのかもしれませんね!

あらすじ

続いては本編のあらすじを軽くまとめていきます。

前回鎌ぞうとの戦いでダメージを負ったゾロを介抱してくれたのが日和だと判明しましたが、日和は20年前の襲撃の際にカッパの河松に助けられたそうです。

水路を通って日和を逃していることから、カッパの能力者というわけではなさそうですね!

ワノ国には妖怪の文化があるらしく、ろくろ首が学校の先生をしていた場面もありました。

悪魔の実の能力かとも思いましたが、妖怪ということで説明がつくのかもしれませんね!

そして続いてのシーンでは逆さ三日月の印をつけた人物が捕らえられていました。

その役を担っていたのがオロチ御庭番衆だったのですが、彼らは特に隠密として行動するというわけではないようですね。

ベポとペンギンが口を割ったわけではないことも確定しましたので、敵がどうやって判じ絵と印に気がついたのかが、気になります。

ヒョウ五郎

最後は囚人採掘場で相撲をとっているルフィとヒョウ五郎の場面でした。

ルフィが戦っているのがギフターズですので、ここを超えると次は真打ちとの対決ということになりそうです。

ルフィの見聞色はかなり高い精度で未来を見えているようで、カタクリ戦によって相当強くなったことを感じさせてくれます。

武装色の覇気の修行はまだ続いているようでしたが、なんとヒョウ五郎がその覇気を使用できることが分かりました。

このままヒョウ五郎のレクチャーによって、見えない鎧の覇気を習得することにつながりそうですね!

考察

今回気になった部分ですが、ペボ達が負い目を感じていることです。

自分たちが口を割ったわけではないのに、責任を感じているような話ぶりをしていました。

もしかすると御庭番衆か百獣海賊団の中に相手の心を読むようなキャラがいるのではないでしょうか。

福ロクジュのセリフにも若干の違和感があり、判じ絵の意味を100パーセント理解しているわけではないように思います。

おそらくバレたのは「足首に逆さ三日月がある人物が結託して反逆を企んでいる」とうところまでなのではないでしょうか。

ギロギロの実やメモメモの実のように、相手の考えを見る能力はありますので、ワノ国でも近しい能力が登場すると予想します。

そしてもう1つ気になったのがヒョウ五郎のこのセリフで、「豪剣」だった自分が「鎧の覇気」を教授できるかどうかという点を気にしています。

豪剣というのは「力で押し切る剣」というようなニュアンスがありますので、鎧の覇気は力技ではないということが伝わってきます。

レイリーやマリーゴールドが使用した時も、掌での攻撃の際に覇気を加えていましたので、「殴る」というよりは「放つ」というようなイメージだと思われます。

放出

覇気を放出するようなイメージだと予想しますが、その根拠はいくつかあります。

まずはマーガレットが放った矢に覇気が纏っていたことがありました。

手元を離れた矢に覇気を残しておくということになりますが、自分の体以外に覇気を与えられているということになります。

ルフィはまだ自分の体にしか覇気を纏えていないため、この覇気を外に出すというのが新しい技術だと考えられます。

かつてはベン・ベックマンが銃口を向けて黄猿を止めたことがありましたが、あれも銃弾に覇気を込めることができなければ、黄猿には効果がないはずですので、自分以外にも覇気を纏えることの根拠になります。

レイリーがケイミーの首輪を外した時もこれの応用で、首輪に覇気を纏った状態で破壊し、一瞬だけ爆発に耐えられるようにしたと考えられます。

ということで、この覇気を習得した上で、ルフィとヒョウ五郎は首輪を破壊して脱出するという展開が予想されますね!

ルフィもゾロもさらなる進化が期待できますので、今後の展開が楽しみです!