エンタメ

相鉄線を停止させたおじさんは誰?線路内に立ち入った理由が凄い

相鉄線の希望ヶ丘駅〜二俣川駅間の線路内に50代から60代とみえる男性が侵入し、相鉄本線は横浜駅〜海老名駅間で運転を一時見合わせていました。

Twitterに公開されていた動画では、この男性が意味不明な言葉を発している姿が確認できます。

この記事では、この男性の名前や職業、線路内に立ち入った理由などについてまとめていきます。

相鉄線の線路内に立ち入った男性の名前や職業について

相鉄線の線路内に立ち入った男性は、警察に逮捕の後、救急車で搬送をされたため、その名前や職業などの詳しいことははっきりしていません。

ただし、あまりにも意味不明な発言をしていることから、薬物の使用などが疑われています。

実際にその発言の中には、「アクタミンを薬をバチっと飲まされちゃって」という薬物の使用を匂わせるものもあります。

以下が、この男性が発していた意味不明な言葉になります。

  • 敵が向かってるんすよ
  • 殺しに来ますよ、ほんとやめてよ、助けてくれよ
  • 警官に殺されちゃうんですよ本当に
  • 撲殺されちゃうんですよ

明らかに薬物の使用によって幻覚を見ている状態と言えるのではないかと思われます。

相鉄線の線路内に男性が立ち入った理由について

この男性が相鉄線の線路内に立ち入った理由についてですが、一種の錯乱状態にあったためだと考えられます。

それにしても、この事件によって多くの人が移動に支障をきたしており、このようなことをすれば、単に損害賠償の問題だけでなく、刑法上の「往来危険罪」という犯罪を犯したことになり、刑事罰の対象ともなってきます。

そしてこの場合の損害賠償は一括して支払う義務があり、支払が遅れれば遅延損害金も付加されます。

いかなる理由であれ、しっかりと罪を償ってもらいたいと思います。

ネット上の声について