ライフ

診療放射線技師になるには?年収や必要な資格と仕事内容を調査

ドラマ「ラジエーションハウス」で窪田正孝さんの演じる医師を見て、診療放射線技師に憧れた人もいるんじゃないでしょうか?

診療放射線技師は、最新の医療機器によって放射線を使いこなすことで、病院を訪れた患者の検査や治療を行っています。

診療放射線技師になる為には、具体的にどんなスキルが必要なのでしょうか?

この記事では、診療放射線技師になる為に必要な資格と仕事内容、年収について調べてみたいと思います。

診療放射線技師とは

診療放射線技師というのは、医師の支持を受け、検査や治療のためにX線やそのほかの高エネルギー放射線を人体に照射する医療技術者のことです。

レントゲンだけでなく、CT、MRI、超音波などを用い、人体内部の様子を映し出したり、調べたりしています。

診療放射線技師の働きにより、診断だけでなく、ラジオアイソトープ(放射線同位元素)により、がん細胞を破壊し転移を食い止める治療面でも大きな成果をあげていることが知られています。

診療放射線技師になる為に必要な条件

  1. 養成課程のある大学(医療技術系学部など)の課程を修了する
  2. 3年生短大・専門学校(放射線技術科)の課程を修了する
  3. 診療放射線技師養成所(3年制以上)の課程を修了する

診療放射線技師になる為には、上記3つの課程のいずれかを修了したのちに、「診療放射線技師国家試験」に合格する必要があります。

以下で個別に紹介します。

養成課程のある大学(医療技術系学部など)の課程を修了

診療放射線技師に関する資格が取得可能な大学は全国に35校あります。

以下に大学名を紹介していきます。

  1. 日本医療大学
  2. 川崎医療福祉大学
  3. 北海道大学
  4. 弘前大学
  5. 東北大学
  6. 新潟大学
  7. 金沢大学
  8. 名古屋大学
  9. 大阪大学
  10. 岡山大学
  11. 徳島大学
  12. 九州大学
  13. 熊本大学
  14. 茨城県立医療大学
  15. 群馬県立県民健康科学大学
  16. 首都大学東京
  17. 北海道科学大学
  18. つくば国際大学
  19. 国際医療福祉大学
  20. 群馬パース大学
  21. 日本医療科学大学
  22. 北里大学
  23. 杏林大学
  24. 駒澤大学
  25. 順天堂大学
  26. 帝京大学
  27. 新潟医療福祉大学
  28. 岐阜医療科学大学
  29. 藤田医科大学
  30. 鈴鹿医療科学大学
  31. 京都医療科学大学
  32. 大阪物療大学
  33. 広島国際大学
  34. 徳島文理大学
  35. 純真学園大学

これらの大学の医療技術系学部に進学、課程を修了することにより、国家試験の受験資格を得ることができます。

3年制短大・専門学校(放射線技術科)の課程を修了

診療放射線技師に関する資格が取得可能な3年制の短大・専門学校は全国に13校あります。

以下に大学名を紹介していきます。

  1. 東京電子専門学校
  2. 専門学校 東洋公衆衛生学院
  3. 東海医療技術専門学校
  4. 専門学校 静岡医療科学専門大学校
  5. 中央医療技術専門学校
  6. 北海道医薬専門学校
  7. 大阪行岡医療専門学校長柄校
  8. 大阪ハイテクノロジー専門学校
  9. 城西放射線技術専門学校
  10. 福岡医療専門学校
  11. 鹿児島医療技術専門学校
  12. 神戸総合医療専門学校
  13. 日本文理大学医療専門学校

これらの3年制短大・専門学校の放射線技術科に進学、課程を修了することにより、国家試験の受験資格を得ることができます。

診療放射線技師養成所(3年制以上)の課程を修了

診療放射線技師養成所とは、診療放射線技師を養成するための施設で、診療放射線技師学校とも呼ばれています。

ここで3年以上の課程を修了することにより、国家試験の受験資格を得ることができます。

診療放射線技師国家試験に合格

診療放射線技師になる為には、先に挙げた大学や短大・専門学校での課程を修了し、「診療放射線技師国家試験に合格しなければなりません。

試験の受験者数と合格率の推移は次のようになっています。

当該年 受験者数 合格率
2006年 2,821 76.5%
2007年 2,444 73.2%
2008年 2,457 74.4%
2009年 2,460 80.0%
2010年 2,670 71.1%
2011年 2,528 83.4%
2012年 2,426 66.6%
2013年 2,907 76.5%
2014年 2,839 73.8%
2015年 3,016 78.8%
2016年 2,939 85.4%
2017年 2,971 75.3%

 

国家試験だけに合格するのは簡単ではないでしょうが、国家試験の中での難易度では比較的簡単な部類に位置付けられています。

診療放射線技師の仕事内容

現代の医療には、病気の検査や治療に対し、放射線の持つ役割が欠かせなくなっています。

診療放射線技師は、医師の指示を受け、検査や治療のために放射線を患者の人体に照射します。

診療医療技師が使いこなす放射線装置には次のようなものが挙げられます。

  1. レントゲン(X線装置)
  2. CT
  3. MRI
  4. 超音波
  5. RI(ラジオアイソトープ)

最先端の医療機器を使いこなし、病気の検査や治療に貢献する、現代医療に欠かすことのできない仕事となっています。

こちらのYouTube動画では、診療放射線技師の仕事について詳しい説明がされています。

診療放射線技師の年収

最先端の医療機器を使いこなし、医師の肉眼では発見することが困難な患者の症状の発見に貢献している診療放射線技師は、一体どれぐらいの年収を稼ぎ出しているのでしょうか?

診療放射線技師の給与は、基本的には各病院で定められている医師の給与形態と同じものとなっています。

ここでは、具体的に診療放射線技師の給与の相場を調べてみたいと思います。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、診療放射線技師の平均年齢38.1歳に対し、平均年収は503万円となっています。

診療放射線技師の平均年収統計
平均年齢:38.1歳

勤続年数:9.9年
労働時間:164時間/月
超過労働:10時間/月
月額給与:347,700円
年間賞与:861,300円
平均年収:5,033,700円
出典:厚生労働省「平成29年 賃金構造基本統計調査」)

給与は経験や能力によっても大きく異なり、中には年収700〜800万円の診療放射線技師もいるようです。

最後に

診療放射線技師についての年収・資格・仕事内容を調査しましたが、いかがでしたでしょうか?

現代医療の現場には、最先端の放射線医療機器は欠かすことのできないものとなっています。

診療放射線技師は、医療の最前線を支える素晴らしい仕事です。

ドラマ「ラジエーションハウス」がきっかけで、診療放射線技師に憧れる人も多くいることでしょう。

このドラマから診療放射線技師の必要性が広まり、放射線診療技師を目指す方が増えて欲しいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。