エンタメ

石狩市のパチンコ店で強盗事件発生!店舗名や犯人像について

11日朝早く、石狩市のパチンコ店に男が侵入し、従業員に包丁を突きつけ脅したうえ、現金を奪って逃走するという事件が起きました。

奪われた現金は約50万円!で犯人は今もなお逃走中とのことです。

ここでは、犯行の行われたパチンコ店の店舗名や犯人の逃走経路についてまとめてみました。

犯行の行われた石狩市のパチンコ店について

犯行が行われた石狩市のパチンコ店の住所は「石狩市花川北3条1丁目」と発表されています。

調べてみると、その住所には「ゴールデン大宝花川店」という店舗があります。

ニュースに出ていた店舗外観とGoogleストリートビューでの店舗外観の様子が一緒でしたので、犯行が行われた店舗は、このゴールデン大宝花川店で間違いありません。

犯行にあった「ゴールデン大宝花川店」はゴールデン大宝グループの店舗になっています。

ゴールデン大宝グループの企業情報は次の通りです。

企業名称 ゴールデン東京株式会社
住所 〒060-0005 札幌市中央区北5条西9丁目17-3
電話番号 011-261-7707
FAX番号 011-223-5525
代表者 代表取締役専務 玉腰 勇吉

「ゴールデン大宝花川店」以外にも系列の店舗が札幌エリアに5店舗、関東エリアに2店舗あるグループとなっています。

犯人は2階の窓を割り、店舗内に侵入し、中にいた50歳代のマネージャーに包丁を突きつけ現金を脅し取ったそうです。

犯人は今もなお「逃走中」ということで、付近の小学校などでは親の出迎えや集団下校など緊急措置を取っています。

犯人像ついて

犯人は未だ逃走中ですので、犯行の動機などについて未だ確かな情報は入って来ていません。

逃走中の犯人は年齢20代から30代で身長は170センチメートル位、服装は上は黒系のパーカ、下は黒系のスエットだということで、このパチンコ店に関係ある人物ではないかとも言われています。

というのも、犯行が行われたのは午前6時前で、その時間に店舗内に従業員がいることを知る人間は、店舗関係者の可能性が高いと言えるからです。

パチンコ店には多くの現金が存在すること自体は多くの人が知るところですが、その管理方法や管理場所などについては、なかなか外部の人間が知ることはできないものとなっています

ですので、この時間を見計らって犯行に及んだ人物は、このパチンコ店で勤務経験などがある人物という可能性も高いと思われます。

まとめ

いかがでしたか?

多くのパチンコ店では、大きな額の現金を扱っている割に防犯にあまり力を入れていない店舗が多いこともあり、今後もこのような事件は増えていくものと思われます。

警察には一刻も早い犯人逮捕を実現してもらい、地域住民を安心させてもらいたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。