パワースポット

神話を失った民族が滅びるは【嘘】という衝撃の事実!でも知りたい第三章

イギリスの歴史学者 アーノルド・J・トインビーの嘘

イギリスの歴史学者であるアーノルド・J・トインビーが、その著書において「12、13歳ぐらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」という言葉を残しています。

このような言葉を目にしたことはないでしょうか?私自身も何かのきっかけでこの言葉を知り、今まで「古事記」や「日本書紀」などに対して全く不学であった自分を恥ずかしく思ったものです。

しかし、上記の言葉の真偽について調べていくと、この言葉が全くの【嘘】であるということが分かったのです。その詳細については、ヤシロタケツグさんの【追跡:「古事記ビジネス」に騙り継がれるトインビー「民族の神話」の系譜】を読んで頂ければ分かると思います。掻い摘んで説明をするとすれば、「古事記」を利用したビジネスを拡大させていくための【嘘】であるということです。

見出しには「歴史学者 アーノルド・J・トインビーの嘘」と書きましたが、嘘を言っているのはトインビーではなく、彼をビジネスに利用しようと目論んでいる人たちだということのようです。純粋に神社が好きで、参拝が趣味という私みたいな人間にとっては許しがたい【嘘】であり、このような形でビジネスを展開する人がいるというのは非常に残念でなりません。

そもそも「歴史」というものは、それぞれの時代に行われた戦争において勝ち残った側に都合の良いものであるでしょうから、その時代を実際に生きていない人間にとっての歴史とは、あくまでも想像の範疇を超えることができないものだと思います。どうにかして「正しい歴史」を学ぼうとしても、それはどこかに隠蔽や捏造のようなものを含んでいるはずですから、結局のところ、どの民族であっても「民族の歴史(神話)を学ぶ」などということは不可能なわけです。

ですから、もしも「12、13歳ぐらいまでに民族の神話を学ばなかった民族が例外なく滅ぶ」としたら、きっと全ての民族が滅んでしまうことになるでしょう。

それでも僕は「神話」を学ぶ

例えば、有害物質を多く含むタバコの煙が私たちの身体に良くない影響を及ぼし、ガンや脳卒中や心筋梗塞などの病気を引き起こすことが分かっていても、喫煙をやめることができない人がいるのと同じように、もしトインビーの言葉として語られている「12、13歳ぐらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅びる」という言葉が【嘘】だったとしても、私はもう40代半ばだったとしても、それでも神話を学んでみたいとは思っています。

その理由は特別に崇高なものがある訳ではありません。ただ毎日のように神社に足を運ぶ生活をしていることで、非常に心の落ちついた日々を過ごすことができていたり、何気ない出来事に感謝できるようになれたことが、私にとってはとても大きなことであり、そのようなものをもたらしてくれた神社やそれにまつわる神話(歴史)について学びたいと純粋に思ったのです。

そのような思いをもって、ここからは「日本の神々と神社」について学んでいきたいと思います。

日本列島と八百万の神々の誕生

男女の交わりによって日本列島は誕生した

伊耶那岐神(いざなきのかみ)と伊耶那美神(いざなみのかみ)は天津神(あまつかみ)から、未だ漂う国土を固めるように委任されました。そして天浮橋(あまのうきはし)という天空に浮かんだ橋の上に立って、天沼矛(あめのぬぼこ)を海水に入れてかき混ぜました。すると、矛の先から落ちた潮が固まって、「淤能碁呂島(おのごろじま)」が出来たのでした。

二神はこの島に天降り、天の御柱(あまのみはしら)と八尋殿(やひろどの)、つまり神聖な柱と大きな神殿を建て、そこで結婚をし、国を生み出そうと考えたのでした。

その時、二神は互いの身体を確かめ合って、天の御柱を周り、そして出会ったところで、伊耶那美神が先に求婚の声をかけ、契りを交わしました。ところが生まれたのは形を成さない水蛭子神(ひるこのかみ)だったので、葦の船に入れて流すことにしました。その後、「女が先に声をかけるのは良くない」という天津神からの助言によって、今度は男である伊耶那岐神の方から先に求婚の声をかけたところ、無事に国生みが成功したのでした。

こうして最初に淡路島が生まれ、次に四国・隠岐の島・九州・壱岐島・対馬・佐渡島・本州が生まれたのでした。後にもさらに6つの島が生まれ、日本列島が誕生したとされています。

こうした男女の神々による国生みは、当時の男女の交わりを神聖視していたという背景に由来をしています。また女性から声をかけて国生みが失敗したという物語は、中国の儒教の影響があると言われています。

火神の出産がもたらした伊耶那美神の死

二神は国生みを終えると、次に神生みを始めました。生み出した神の数は全部で35柱にものぼりました。しかし、最後に火の神である「迦具土神(かぐつちのかみ)」を生み出す際に、伊耶那美神は女陰を焼かれ、大火傷を負ってしまいます。

これが致命傷となった伊耶那美神は、死者が住むとされる黄泉の国へと旅立って行ったのでした。

神生みで生まれた神々

『古事記』では35柱の神が生まれたとありますが、実際は17柱の神名しか記されていません。

  1. 大事忍男神(おおことおしおのかみ)
    一般的には「大きなことを成したよ」という結果として生まれた神だという見解が多いですが、ハッキリとはしていません。
  2. 石土毘古神(いわつちびこのかみ)
    「石・土」を神格化した神とされています。
  3. 石巣比売神(いわすひめのかみ)
    「砂」を神格化した神とされています。
  4. 大戸日別神(おおとひわけのかみ)
    「戸」や「出入り口」を神格化した神とされています。
  5. 天之吹男神(あめのふきおのかみ)
    「屋根」を神格化した神とされています。
  6. 大屋毘古神(おおやびこのかみ)
    「家屋」を神格化した神とされています。
  7. 風木津別之忍男神(かぜきつわけのおしおのかみ)
    何の神だかハッキリとはしていませんが、「暴風の垣根」を神格化した神だという意見もあります。
  8. 大綿津見神(おおわたつみのかみ)
    「海」を神格化した神とされています。
  9. 速秋津日見神(はやあきつひこのかみ)
    「港」「河口」を神格化した神とされています。
  10. 志那都比古神(しなつひこのかみ)
    「風」を神格化した神とされています。
  11. 久久能智神(くくのちのかみ)
    「木」を神格化した神とされています。
  12. 大山津見神(おおやまつみのかみ)
    「山」を神格化した神とされています。
  13. 鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)
    「草」を神格化した女神とされています。
  14. 鳥之石楠船神(とりのいわぐすふねのかみ)
    「船」を神格化した神とされています。
  15. 大宜都比売神(おおげつひめのかみ)
    「穀物」を神格化した女神とされています。
  16. 火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)
    「火」を神格化した神とされています。

いかがでしたでしょうか?純粋に神話(歴史)を学ぶということはとても難しいことかもしれないですが、このようにして少しずつ日本の「神話の世界」について学んでいければと思います。次回は「伊耶那岐神と黄泉の国」について触れていきます。