パワースポット

神話を失った民族が滅びるは【嘘】という衝撃の事実!でも知りたい第二章

イギリスの歴史学者 アーノルド・J・トインビーの嘘

イギリスの歴史学者であるアーノルド・J・トインビーが、その著書において「12、13歳ぐらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」という言葉を残しています。

このような言葉を目にしたことはないでしょうか?私自身も何かのきっかけでこの言葉を知り、今まで「古事記」や「日本書紀」などに対して全く不学であった自分を恥ずかしく思ったものです。

しかし、上記の言葉の真偽について調べていくと、この言葉が全くの【嘘】であるということが分かったのです。その詳細については、ヤシロタケツグさんの【追跡:「古事記ビジネス」に騙り継がれるトインビー「民族の神話」の系譜】を読んで頂ければ分かると思います。掻い摘んで説明をするとすれば、「古事記」を利用したビジネスを拡大させていくための【嘘】であるということです。

見出しには「歴史学者 アーノルド・J・トインビーの嘘」と書きましたが、嘘を言っているのはトインビーではなく、彼をビジネスに利用しようと目論んでいる人たちだということのようです。純粋に神社が好きで、参拝が趣味という私みたいな人間にとっては許しがたい【嘘】であり、このような形でビジネスを展開する人がいるというのは非常に残念でなりません。

そもそも「歴史」というものは、それぞれの時代に行われた戦争において勝ち残った側に都合の良いものであるでしょうから、その時代を実際に生きていない人間にとっての歴史とは、あくまでも想像の範疇を超えることができないものだと思います。どうにかして「正しい歴史」を学ぼうとしても、それはどこかに隠蔽や捏造のようなものを含んでいるはずですから、結局のところ、どの民族であっても「民族の歴史(神話)を学ぶ」などということは不可能なわけです。

ですから、もしも「12、13歳ぐらいまでに民族の神話を学ばなかった民族が例外なく滅ぶ」としたら、きっと全ての民族が滅んでしまうことになるでしょう。

それでも僕は「神話」を学ぶ

例えば、有害物質を多く含むタバコの煙が私たちの身体に良くない影響を及ぼし、ガンや脳卒中や心筋梗塞などの病気を引き起こすことが分かっていても、喫煙をやめることができない人がいるのと同じように、もしトインビーの言葉として語られている「12、13歳ぐらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅びる」という言葉が【嘘】だったとしても、私はもう40代半ばだったとしても、それでも神話を学んでみたいとは思っています。

その理由は特別に崇高なものがある訳ではありません。ただ毎日のように神社に足を運ぶ生活をしていることで、非常に心の落ちついた日々を過ごすことができていたり、何気ない出来事に感謝できるようになれたことが、私にとってはとても大きなことであり、そのようなものをもたらしてくれた神社やそれにまつわる神話(歴史)について学びたいと純粋に思ったのです。

そのような思いをもって、ここからは「日本の神々と神社」について学んでいきたいと思います。

いろいろな神様が最初に生まれた

天地が分かれて神々が出現する

「古事記」では天地の始まりを、次のように伝えています。

遥かな昔、世界は混沌の中にありました。初めて天と地が分かれたとき、「高天原(たかまのはら)」と呼ばれる神々の世界に、天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、高御産巣日神(タカミムスビノカミ)、神産巣日神(カムムスビノカミ)という三柱の神(造化三神)が現れました。

天御中主神は高天原の中心に位置して、宇宙の根源をなす神とされています。そして次に誕生したのが高御産巣日神と神産巣日神で、両神の名前にある「むすひ」の「むす」は生成を、「ひ」は不思議な霊力を意味し、生成力の神とされています。高御産巣日神は、のちに「天孫降臨」を指示する神で、神産巣日神は、生命の復活と再生を司り、出雲系神話では生命の蘇生復活の神として登場をします。

そのころの地上は、まだ水に浮かぶ油のように漂っていましたが、そこから葦の芽が萌えるような、宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコジノカミ)と天之常立神(アメノトコタチノカミ)という二柱が生まれました。これら五柱の神々は「別天津神(コトアマツカミ)」と呼ばれ、記紀神話の中でも別格で高貴な神様とされています。

神世七代の最後に夫婦神が誕生する

その後「神世七代(カミヨナナヨ)」という時代になり、次々と神々が現れました。最初の二代は、別天津神と同様に男女の性別のない独神(ヒトリガミ)で、国土や大地を神格化した神様でした。これに続くのが、男女二神が対になった五代の双つ神です。

そして、その最後に誕生したのが、有名な伊邪那岐神(イザナキノカミ)と伊邪那岐神(イザナミノカミ)になります。神世七代では豊かな大地を神格化した独神から、次第に人間と同じような男女の性を持つ神様が生まれていき、具体的な男女の身体を得た伊邪那岐神・伊邪那岐神に至るまでの過程が述べられています。

別天津神と神世七代

【五柱の別天津神】

天御中主神 天地世界の始まりに現れた神で、宇宙の
中央に鎮座する宇宙最高神
高御産巣日神 神聖な生成の霊力を司る神で、天孫降臨
の際に司令神となる
神産巣日神 生命の復活と再生を司る神で、大国主命が
八十神に殺された時に助けた
宇摩志阿斯訶備比古遅神 生成力の強さを旺盛に伸びる葦の芽に象徴し、
神格化した神
天之常立神 天地が分かれて、天の礎が定まった状態を
神格化した神

【神世七代】

国之常立神(クニノトコタチノカミ) 天之常立神と対になる、大地を神格化
した神
豊雲野神(トヨクモノノカミ) 豊穣な大地を神格化した神で、配偶神
のない独神
宇比地邇神(ウヒジニノカミ)男
須比智邇神(スヒジニノカミ)女
泥土を神格化した神で、植物の成長を
護る豊かな土地を示す
角杙神(ツノグイノカミ)男
活杙神(イクグイノカミ)女
生成・繁殖を司る神で、「活杙」は、
物の芽生えを意味している
意富斗能地神(オオトノジノカミ)男
大斗之弁神(オオトノベノカミ)女
「斗」は性器を表し、生命に具体的な
形態を与える働きをする
於母陀流神(オモダルノカミ)男
阿夜訶志古泥神(アヤカシコネノカミ)女
国土が整ったことを示し、愛の誘いを
神格化した神
伊邪那岐神
伊邪那岐神
最後に登場する夫婦神で、万物を生成
する生成力を司る

【五柱と神世七代を祀る神社】

天御中主神 サムハラ神社・秩父神社・小松神社・東京大神宮
高御産巣日神 サムハラ神社・大塚神社・小松神社・東京大神宮
神産巣日神 サムハラ神社・大塚神社・小松神社・東京大神宮
宇摩志阿斯訶備比古遅神 出雲大社・浮嶋神社・石切劔箭神社
天之常立神 出雲大社・駒形神社・金持神社

 

国之常立神 日枝神社・大鳥神社・玉置神社・熊野速玉神社
豊雲野神 御嶽神社・岩根神社
宇比地邇神
須比智邇神
八所神社・沙田神社
角杙神
活杙神
物部神社
意富斗能地神
大斗之弁神
宅宮神社・稲村神社・熊野速玉神社・熊野那智大社
於母陀流神
阿夜訶志古泥神
鵜坂神社・阿沼美神社・熊野速玉神社・熊野那智大社
伊邪那岐神
伊邪那岐神
多賀大社・淡路伊弉諾神社

いかがでしたでしょうか?純粋に神話(歴史)を学ぶということはとても難しいことかもしれないですが、このようにして少しずつ日本の「神話の世界」について学んでいければと思います。次回は「国生みと神生みの神話」について触れていきます。