パワースポット

神話を失った民族が滅びるは【嘘】という衝撃の事実!でも知りたい第一章

イギリスの歴史学者 アーノルド・J・トインビーの嘘

イギリスの歴史学者であるアーノルド・J・トインビーが、その著書において「12、13歳ぐらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」という言葉を残しています。

このような言葉を目にしたことはないでしょうか?私自身も何かのきっかけでこの言葉を知り、今まで「古事記」や「日本書紀」などに対して全く不学であった自分を恥ずかしく思ったものです。

しかし、上記の言葉の真偽について調べていくと、この言葉が全くの【嘘】であるということが分かったのです。その詳細については、ヤシロタケツグさんの【追跡:「古事記ビジネス」に騙り継がれるトインビー「民族の神話」の系譜】を読んで頂ければ分かると思います。掻い摘んで説明をするとすれば、「古事記」を利用したビジネスを拡大させていくための【嘘】であるということです。

見出しには「歴史学者 アーノルド・J・トインビーの嘘」と書きましたが、嘘を言っているのはトインビーではなく、彼をビジネスに利用しようと目論んでいる人たちだということのようです。純粋に神社が好きで、参拝が趣味という私みたいな人間にとっては許しがたい【嘘】であり、このような形でビジネスを展開する人がいるというのは非常に残念でなりません。

そもそも「歴史」というものは、それぞれの時代に行われた戦争において勝ち残った側に都合の良いものであるでしょうから、その時代を実際に生きていない人間にとっての歴史とは、あくまでも想像の範疇を超えることができないものだと思います。どうにかして「正しい歴史」を学ぼうとしても、それはどこかに隠蔽や捏造のようなものを含んでいるはずですから、結局のところ、どの民族であっても「民族の歴史(神話)を学ぶ」などということは不可能なわけです。

ですから、もしも「12、13歳ぐらいまでに民族の神話を学ばなかった民族が例外なく滅ぶ」としたら、きっと全ての民族が滅んでしまうことになるでしょう。

それでも僕は「神話」を学ぶ

例えば、有害物質を多く含むタバコの煙が私たちの身体に良くない影響を及ぼし、ガンや脳卒中や心筋梗塞などの病気を引き起こすことが分かっていても、喫煙をやめることができない人がいるのと同じように、もしトインビーの言葉として語られている「12、13歳ぐらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅びる」という言葉が【嘘】だったとしても、私はもう40代半ばだったとしても、それでも神話を学んでみたいとは思っています。

その理由は特別に崇高なものがある訳ではありません。ただ毎日のように神社に足を運ぶ生活をしていることで、非常に心の落ちついた日々を過ごすことができていたり、何気ない出来事に感謝できるようになれたことが、私にとってはとても大きなことであり、そのようなものをもたらしてくれた神社やそれにまつわる神話(歴史)について学びたいと純粋に思ったのです。

そのような思いをもって、ここからは「日本の神々と神社」について学んでいきたいと思います。

古事記・日本書紀とは?

日本神話のベースとなった最古の歴史書

日本神話を語るには「古事記」「日本書紀」が重要になってきます。これら二典は日本の代表的な古典であり、平城京遷都後の奈良時代初期に成立しています。

「古事記」は天武天皇の勅(みことのり)を受けて編纂をされ、和銅5年(712年)に元明天皇の時代に完成しました。もともと天皇家の事績を年次順に記した「帝紀」や、神話や伝承を記録した「旧辞」という書物が存在はしていたようですが、すでに偽りが多かったこともあり、それらを調べ直して再編集したのでした。

一方、「日本書紀」が完成したのは、「古事記」成立から8年ごの養老4年(720年)のことです。こちらは中国の史書を手本にしており、「古事記」とは性格を異にするものの、その内容には共通する部分も多くあり、二つを総称して「記紀神話(ききしんわ)」としています。

記紀の編纂目的の違い

なぜ同時代に似たような二つの歴史書を編纂したのかというと、その理由はそれぞれの目的の違いによるものとなっています。「古事記」は各地の豪族との戦いに勝ち抜いて王位を確立したプロセスが神話という形になっており、天皇家の正当性を示すことが目的となっており、「日本書紀」は国家の正史であって、中国や朝鮮の書物、政府や寺院の縁起などを幅広く収録し、国外向けの通史とすることが目的となっているのです。

また神の名前や表記にも違いがあります。「日本書紀」は漢文で記されていたのに対して、「古事記」は漢字の音読みと訓読みとを交えて表記しています。

「古事記」と「日本書紀」の違い(まとめ)

「古事記」 「日本書紀」
巻数 上・中・下(全3巻) 30巻と系図
範囲 日本初発〜推古天皇 天地開闢〜持統天皇
記述 紀伝体を含む編年体 編年体
表記法 漢字の音読みと
訓読みを交えた和文
漢文
性格 天皇を中心とする神話 日本初の国家の正史
編纂者 稗田阿礼が語り、
太安万侶が筆記した
川島皇子、忍壁皇子らが
命じられて編纂が始まり、
舎人親王らが完成させた
完成 和銅5年(712年) 養老4年(720年)
相違点 ・出雲神話に重点
・一定の視点から語られる
・出雲神話がみえない
・色々な説を併記
要点

「古事記」は国内統治のために天皇家を正当化し、「日本書紀」は国外に向けて国家を正当化するために作られた

いかがでしたでしょうか?純粋に神話(歴史)を学ぶということはとても難しいことかもしれないですが、このようにして少しずつ日本の「神話の世界」について学んでいければと思います。次回は「天地のはじまりと神々」について触れていきます。